ワープエアクリーンとは

ワープエアクリーン(WA)とは、イオンテクノロジーから生まれた空気触媒製品です。

エアフィルターに取り付けるだけでエンジンに流入する空気を変える新技術(特許第3769598号)で、エンジンの燃焼効果を極限まで高めます。ワープエアクリーンは、クルマのエアフィルターに取り付けるだけで消費燃料の削減と、排ガス環境汚染物質を削減する今までにはなかったまったく新しい空気触媒製品です。

消費燃料が削減できる仕組み

ワープエアクリーンは、クルマのエアフィルターに取り付けることで、エアフィルターを通る空気中のイオンをブロックし、燃料を燃焼に最適な状態に変化させることで完全燃焼を促進します。
完全燃焼の促進によりエネルギー効率が上昇することで、消費燃料が削減できます。

ワープエアクリーン(WA)とは、イオンテクノロジーから生まれた空気触媒製品です。

特殊なシリコーンシートの効果

製品の中身は特殊なシリコーンシートでできています。まさかこんなシリコーンシートをエアフィルターに取り付けるだけでエンジンが完全燃焼に近づくとは、不思議ですが、本当なのです。

従来品との違い

エンジンにやさしい「ワープエアクリーン」

「ワープエアクリーン」は、従来の燃料系の改質等を行う添加剤や燃料改質装置とは違って、空気に作用させるだけで完全燃焼に近づける空気触媒商品なので、正しく取り付けてご使用いただければエンジンの故障や不調等の心配はまったくありません。

消費燃料が削減できる理由とは


▲TOPへ戻る